前開きワンピとクリスマス

ニット地(伸びる生地)と布帛(伸びない生地)をくっつけた
ワンピを作りたくて、カーディガンにスカートをくっつけてみました。
c0206582_2095252.jpg

c0206582_20101191.jpg


     布* (上)MANALOLE  オリジナル・ジャズネップ天竺【セピア】  
         (下)<楽天>マツケ  綿麻Wガーゼ・ストライプパッチ【ブラウン×オレンジ】  
     パターン* hibi+ カーディガン110のアレンジ

スカート部分は、polka drops さんの、パフTアレンジワンピのスカートのパターンを使いました。
最近マイブームのリボンをつけてみました。

少し落ち着いた色の組み合わせなので、
次は明るめの色で作るつもりです。


今年が終わる前にクリスマスネタを。
c0206582_20112459.jpg

ゆい、サンタさんからちゃんとプレゼントが届いていたので、
よだれをたらしながら、大喜びで私のところに見せにきました^^;
c0206582_20111287.jpg

ゆいリクエストのメルちゃんのおうち、おまけにメルちゃんのベビーフード。
ベッドもほしがっていたので、布団セットを作りました
(布団の横と縦の向きを間違ってつくってしまったおばかな私)。
サンタさんからのお返事の手紙は、
見向きもされませんでした^^;

ブログの更新、今年はこれで最後かな~。
皆様、よいお年を!




(以下、医療費のことなので
興味の無い方はスルーして下さいね)


父がくも膜下出血で倒れ、1年がたちました。
現在、2つ目の病院に入院中です。

治療・入院費についてこれまで調べたことを
簡単に記録しておこうと思います。
ブログ等でご自身の家族について書いてくださっている方がいて
大変参考になったということもあり、
私の調べたことが、どなたかの参考になればとの思いもあります
(住んでいる地域・年齢によって違いがあります)。


☆入院費その1
くも膜下出血の手術・入院費用について
ブログを書いていらっしゃる方がいました。
そのブロガーさんの場合、一月目だけで150万円!

父の病院に、入院費等について相談にのってくれる係の方がいました
(他の病院にも大抵いるのかも)。
父は75歳以上なので、後期高齢者医療制度を利用しています。
なので、一月の医療費限度額は44,400円(+保険外費用5万円弱くらい)。
この金額ですと、父の年金で支払ができます。


☆通帳再発行
父は私とは別に暮らしているので、
年金を病院の支払いに使うため親類が通帳を探してくれましたが、見つかりませんでした。
印鑑・年金手帳・保険証等は見つかったので、それらと、戸籍謄本・診断書を持って、
通帳の再発行依頼のため、年金口座の銀行へ。
最初は私の職場の近くの支店へ行きました。
全くだめの一点張り。
自分で口座管理店へ行ってはどうかと言われ、隣町の口座管理店へ。
事情を説明して5分で再発行してくれました。

それから、もう一つの銀行へは、
これからさらにかかる医療費のため、口座調査を依頼しました。
最初に自宅近くの支店に問い合わせると、
「お亡くなりになったのであればすぐにできるんですがね」。
違う支店に行くと、事情を説明するとすぐに調べてくれました。

銀行は、各支店の役席者の考え方によって、
判断がかなり違うようです。
事前に電話で事情説明をして、事情を理解してくれる支店に行くと
話がスムーズに行くと思います。

ちなみに、郵便局は、判断するのは全て本部のようで(推測ですが)、
どの支店に行っても、相続手続きならできるとのことで
口座調査はしてもらえませんでした。


☆身障者手帳
6ヶ月が過ぎ、病状が落ち着くと、身障者手帳の申請ができるようです。
申請から1~2週間で手帳を受け取ることができました。
ただ、さらに医療費軽減のためには、
「重度心身障害者医療費助成制度」の申請をし、
(たしか)2月に住民税が確定し(非課税であれば申請が通ります)、
(たしか)6月に申請をし
「障始」か「老始」(父は「老始」)を認定してもらえれば、
(たしか)8月から助成してもらえる・・・
という、なかなか気の長い手続きが必要です。
申請できるのが、(たしか)1年に1回だそうです。
これは、制度の切り替えが8月だからのようです。
この制度のことはまだよく分からないので
もう少し調べてみようと思います。
日中働いているので、何度も区役所に聞きに行くというわけにはいきません。
なので、メールで問い合わせたところ、かなり細かくおしえてくれました。
電話を下さった方もいました。
これはとても助かりました。


☆高額療養費
後期高齢者医療制度の自己負担限度額は44,000円なので
これを越えると、越えた分を戻してくれます。
父は8月半ばに別の病院で手術・入院をしたので
2つの病院で 44,000円+保険外費用 を支払っています。
なので、2つ目の病院の医療費の自己負担限度額44,000円弱(月内に入院した日割り分)が
11月に戻ってきました。
なぜ戻ってくるのか分からなかったので
区役所に父の名前と誕生日を書いて
メールで質問してみました。
細かい金額まで、とてもわかりやすい説明の返信を頂きました。


☆入院費その2
入院を3ヶ月超えると、転院しなければならないという話を
聞いたことがある方も多いと思います。
これは、3ヶ月を越えると、病院の診療報酬が減るためのようです。
病院は入院が3ヶ月を超えると収入が減ってしまうので、
患者に別の病院にうつってもらう、ということのようです。

父も、昨年の12月末に入院し、
4月には、長期入院するための、医療保険の医療型療養病院にうつるよう言われていました
(長期入院するための病院には、
医療保険の医療型療養病床と介護保険の介護療養型医療施設の2つの施設があります)。
父の場合、転院するための検査をするたびに検査結果が悪く、
他の病院で緊急手術→入院、ということが何度かあり、
最初の病院に1年近くいることになりました。

入院費は、最初の普通の病院(長期入院するための病院ではない病院)
の方がかかりません。
医療費の自己負担限度額44,000円+保険外費用(食事代等)で10万円弱です。

長期入院する療養型病院は、患者さんの「家」という位置づけになるので
保険外費用がかなりの金額になり、
多分14~15万円(他地域では20万円以上というところもあるそうです)に
なると思います。
「重度心身障害者医療費助成制度」の申請結果により、
軽減される可能性もあります(保険外費用は対象外ですが)。
ただ、この種の病院に入れず、3ヶ月ごとに病院を探すご家族もいらっしゃるようです。
父の場合、最初の病院が次の病院を紹介してくれました。
とても運のいいことだと思っています。

私の場合、これらの手続きは、
おじ・おばがかなり調べたり実際に動いてくれたりしてくれました。
おじやおばは、手術の立会いもしてくれます。
それに、いやな顔ひとつしないで病院に連れて行ってくれる主人。
全て一人でかかえると、色々な面で押しつぶされそうになります。
頼れる人には、頼った方がいいと思います。


とりあえず、今時点で調べたことをとても簡単に書いたので
正確ではないところも多々あります。
制度等、分かったことがあれば
書き加えていきたいと思っています。
[PR]
by kawaiiyui | 2011-12-28 20:13 | 手作り*子ども服 | Comments(2)
Commented by あさみ at 2011-12-30 01:01 x
ワンピ、シックな色で素敵だね♪
もっと明るめの色も似合いそうだけど、この組み合わせもちょっと
お姉さんぽくて良い感じ♪

お父さんの大変だったんだね。前に家族が入院したってこのブログで
見たけど、こんなに大変な事になっていたとは知らなくて・・・。
いろんな手続きの件、すっごく参考になりました。同じ銀行なのに
支店によってこんなにも対応が違うってなんか納得できない面もあるけど
1支店に行ってだめでも、諦めないで他の支店にかけあってみる
価値、ありありだね。

何かあった時に頼れるのは身近な人たちだよね。快く協力してもらえるのは
日頃のよっしーさんの周りの人たちへの対応がちゃんとしてるから
ご主人もおじさんおばさんも協力してくれているんだね。
本当にいろいろ大変だと思うけど、なるべく皆さんの力を借りて
乗り切っていかれますように。
Commented by kawaiiyui at 2011-12-31 18:36
今年もあと数時間で終わりだね!
家の中をみわたせば、全く掃除が終わっていないけど
もういいや~って感じ^^;
いろいろあるけど、なんとかなるもんだよね
楽しいこともあるしね
来年もよろしくね♪
<< フライングキャップ&マフラーと... ニット地カーディガンとレギンス >>